桜花抄

 图片

『ねぇ、まるで雪みたいじゃない?』
『そうだね』

 

桜花抄 - HZL - HZLの時空
『ねぇ、秒速5センチなんだって』
『え、なに?』
『桜の花の落ちるスピード。秒速5センチメートル』
『ふーん···。明里そういうことよく知っているよね』

桜花抄 - HZL - HZLの時空
『ふーん。ねぇ、なんだかまるで雪みたいじゃない?』
『そうかな···。あっ! ねぇ、待ってよ···』

桜花抄 - HZL - HZLの時空
『明里!』
『貴樹くん···。来年も、一緒に桜見れるといいね』

 

 彼女を守れるだけの力が欲しいと、強く思った。
 それだけを考えながら僕はいつまでも、窓の景色をいつまでも見つめ続けた。

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。